FC2ブログ

米利上げトーンが抑えられドル反落 $金は反発 原油は続伸

未分類
06 /22 2021
≪朝≫

ドルは下落している。
米金融当局者が利上げに関するトーンを抑えるとの見方が広がった。
NY連銀総裁は、米経済が急速に回復しているとしながらも、景気刺激策を引き揚げには一段の進展が必要とした。
またパウエル議長は議会証言用原稿を公表、インフレ率の高騰は弱まる可能性が高いとしている。
ドルは欧州時間から下落、米国時間も一段下落の展開。

米10年債利回りは1.49%台へ上昇。

円は主要通貨に対して円安へ、
$円は109.7円台から110.3円台へ、今朝は110.2円台。

欧州株は0.5%高から1%高。

ダウは1.8%高、他2指数も上昇。
米金融政策がタカ派になる懸念はあるものの、金融政策の引き締めは漸進的なペースになるとの観測が好感された。

NY金は反発
時間外は米債利回りの低下を受けて軟調となったが、その後のドル安が支援要因になっている。
ただ米国時間は米債利回りの上昇で上値を抑えられていた。
$金は1766ドルから1787ドル台へ、今朝は1787ドル台。

NY原油は続伸
米クッシング在庫が260万バレル減少するとの見方が出ていた。クッシング在庫は20年3月以降で最低水準に落ち込んでいる。
またイラン核協議再建は新たなイラン大統領と協議せざるを得ずなくなったことから制裁解除や増産時期が不透明になった。
イラン産原油の早期増産は期待しづらい一方、需要回復見通しが支援要因になっている。
WTI原油は70.7ドルから73.2ドル台へ、今朝は72.9ドル台。
ブレント原油は73.0ドル台から75.0ドル台へ、今朝は74.9ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。