FC2ブログ

ドルは横ばい $金は下落 原油は70ドルで跳ね返される

未分類
06 /07 2021
≪夕方≫

アジア間のドルは手掛かり不足で小動き。
米雇用統計が予想を下回ったことからドルは上値の重い展開となった。
ただ雇用者数が60万を超えているため、このまま高水準が続くと早期テーパリングとの見方も出てくる。

$円は109.4円台を推移。

日経平均は0.3%高。
中国総合は0.1%高、他アジア株はまちまち。

アジア時間の$金は軟調
米雇用者数は予想ほどの伸びはなかったものの高水準を維持していた。
早期テーパリングの見方は後退したが労働市場は堅調。
今週の米消費者物価指数に伸びがあると再びテーパリングが材料視されることもある。
$金は1884ドル台を推移。

アジア時間の原油は反発後に下落
朝方はOPECプラスの8月の協調減産縮小が50万バレル以下になるとの見方が支援要因になっていた。
しかしWTI原油が70ドルを達成すると利食いが優勢となっている。
WTI原油は69.1ドル台。
ブレント原油は71.5ドル台を推移。

※6月の短期型パフォーマンスは13%プラス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
予想レンジ結果
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。