FC2ブログ

欧米指標が弱くドル上昇 米債利回り上昇 $金は反落 原油は産油国の生産据え置き観測とガソリン在庫急減が支援

未分類
03 /04 2021
≪朝≫

ユーロ圏の総合PMIは分岐点の50を大きく下回った。
米ADP雇用者数は11.7万人増で予想を下回っている。
米ISM非製造業指数は55.3で前回を下回り、予想も下回った。

ドルは欧州時間から上昇、米10年債利回りは1.5%手前まで上昇。

$円は106.6円から107.1円台へ、今朝は106.9円台。

欧州株は小幅安から1%高。

ダウは0.4%安、他2指数は大幅に下落した。

NY金は反落
ドルが上昇したほか米債利回りの上昇が金を圧迫している。
また米景気回復期待が意識され投資妙味の低下もあった。
$金は1740ドルから1702ドル台へ、今朝は1711ドル台。

NY原油は反発
OPECプラスが現在の減産規模を4月も維持することを検討していると伝わった。
またEIAガソリン在庫は1360万バレル減と過去最高の減少幅を記録したことも支援している。
米寒波の影響で製油所の稼働低下が影響した。
一方、原油在庫は2150万バレル増加した。
WTI原油は59.2ドルから61.9ドル台へ、今朝は61.0ドル台。
ブレント原油は62.5ドルから64.6ドル台へ、今朝は64.0ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。