FC2ブログ

ドル安続く $金は上昇後に一時マイナス圏 原油は在庫減を好感

未分類
02 /11 2021
≪朝≫

ドルは2週間ぶりの安値を付けている。
米消費者物価指数は予想通りで伸びは鈍かった。
またパウエル議長が講演で、雇用と物価の目標達成まで現行水準の低金利を続けると発言、ハト派的な内容となったことがドル売り要因になっている。

$円は104.8円台から104.4円台へ、今朝は104.6円台。

欧州株は0%から0.5%安。

ダウは0.2%高、他2指数は小幅安。

NY金は小幅続伸
米消費者物価指数は予想通りとなったが、コア指数は横ばい。
前年比では1.5%の伸びとなり、FRBが目標としている2%を大きく下回っている。
指標が弱くドル安に振れたことから金は押し上げられたが、パウエル議長講演を控えた利食いでマイナス圏へ落ち込んだ。
その後は安値を買い拾われてプラス圏を取り戻している。
$金は1834ドルから1855ドル台へ、今朝は1844ドル台。

NY原油は続伸
EIA原油在庫は660万バレル減となり、昨年3月以来の低水準在庫になっている。
前日のAPI在庫とともに減少したことが支援要因になった。
ただ連日の上昇で上値は重く上昇の勢いは鈍い。
WTI原油は58.0ドル台から58.8ドル台へ、今朝は58.4ドル台。
ブレント原油は60.8ドルから61.6ドル台へ、今朝は61.0ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。