FC2ブログ

欧米株は大幅に下落 $円は円安へ $金や原油は往ってこい 

未分類
01 /30 2021
≪朝≫

ユーロ圏主要国10-12月期のGDP速報値は予想を上回り概ね良好。
米個人消費支出は予想を上回り良好な結果となっている。

ドルはリスク回避が進む中でやや上昇。

円は主要国に対して概ね全面安に振れた。
$円は104.2円から104.9円台へ、週末は104.7円台。

欧州株は1.5%から2%安。

ダウは2.0%安、他2指数も大幅に下落。
個人投機家がヘッジファンドに対抗しようとした投機的な取引が相場を不安定化させている。
証券取引委員会はこの問題の調査を始めると発表したことから更に動揺が高まった。

NY金は反発
リスクか回避が進む中で金は米国時間の序盤まで上昇が続いていた。
その後は株安を受けて売りが強まり上げ幅を消す動きになっている。
引け後は更に一段下落して上昇は全て帳消しとなった。
$金は1839ドルから1875ドル台へ、週末は1847ドル台。

NY原油は続落
欧州時間から米国時間の序盤まで上昇していたが、株安が原油を圧迫した。
ただ2月からサウジが自主減産をすることや,前日発表の原油在庫が大幅に減少していたことが下支え要因になっている。
WTI原油は51.9ドルから53.2ドル台へ、週末は52.1ドル台。
ブレント原油は54.9ドルから56.0ドル台へ、週末は55.0ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。