FC2ブログ

FOMC結果や米追加経済対策の採決見通しでドル安続く $金は続伸 原油は小幅続伸

未分類
12 /17 2020
≪朝≫

ドルは軟調地合いが続いている。

FOMCは経済が顕著に改善するまで債券購入の継続維持を決定した。
一部で追加緩和策を期待する向きもあったため、ドルは発表後に一時反発。
その後のパウエル議長の会見でドル売りが強まっている。

一方、米追加経済対策は合意に近づいているもよう。
国民一人当たり600-700ドルを支給する案のほか、失業給付充実の延長などが盛り込まれている。
採決は17日中にも開始される可能性がある。

米小売売上高は予想以上に大きく減少しており景気回復の失速懸念の兆しとなった。

$円は103.2円台から103.9円台へ、今朝は103.4円台。

欧州株は0.5%から1.5%高。

ダウは0.2%安、他2指数は上昇。

NY金は続伸
米議会での追加経済対策を期待したほか、FOMCの緩和期待が$金を支えている。
引け後のFOMC結果でドルが反発したことから$金は一時急落。
その後はドル安に振れたため$金は当日の高値圏を回復している。
$金は1845ドルから1865ドル台へ、今朝は1864ドル台。

NY原油は小幅続伸
コロナワクチン接種の進行や、米経済対策の協議が前進したことから原油は支えられている。
また米原油在庫が予想以上の減少したことも支援要因。
ただコロナ感染拡大により年末年始の経済活動が抑制される可能性は上値を圧迫した。
WTI原油は47.3ドルから48.0ドル台へ、今朝は48.0ドル台。
ブレント原油は50.3ドルから51.1ドル台へ、今朝は51.1ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。