FC2ブログ

安全に向けたドル高がコモディティを直撃 $金はレンジ放れの暴落 原油は急落

未分類
09 /22 2020
≪朝≫

週開けのドル指数は6週間ぶりの水準に上昇している。
英国ではコロナ感染拡大により再びロックダウンの懸念が高まった。
また米連邦最高裁のリベラル派女性判事がすい臓がんのため死去したことから、コロナ関連の経済対策の行方が不透明感となっている。

円はリスク回避を受けて円高の動き。
$円は104.0円から104.8円台へ、今朝は104.6円台。

欧州株は3.55から4.5%の大幅安。

ダウはロックダウン再導入懸念や景気刺激策の遅れを懸念して1.8%安。
他2指数も下落している。

NY金は大幅反落
リスク回避によるドル高が金や他コモディティ全般を圧迫している。
金は欧州時間で一段下落、米国時間はさらに大幅下落となり8月12日以来の安値を付けた。
一時は1900ドルを割り込み、レンジを下放れた形となっている。
$金は1955ドルから1882ドル台へ、今朝は1913ドル台。

NY原油は大幅安
英国、フランス、スペインなどでコロナ感染が拡大していることから都市封鎖の可能性が警戒されている。
また先週末にリビアが石油生産の封鎖を1カ月間解除したことも供給増懸念。
今月初旬から大幅下落していたことに対して3分の2前後を取り戻していたため売りを被りやすい水準となっていた。
WTI原油は41.4ドルから38.8ドル台へ、今朝は39.8ドル台。
ブレント原油は43.2ドルから40.9ドル台へ、今朝は41.6ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。