FC2ブログ

ECBは金融政策据え置き 米失業保険は改善遅れ $金は続伸後に下落 原油は在庫増を嫌気

未分類
09 /11 2020
≪朝≫

ECBは金融政策を事前予想通りに据え置いた。
その後、ラガルド総裁は会見で、為替レートは注視しているものの金融政策の手段ではないと発言している。

米新規失業保険申請件数は88万件、前月と概ね変わらず。
失業保険継続受給者数は1340万件と高水準を維持している。

ユーロはラガルド総裁の発言を受けて上昇、その後は往って来いとなりドルは上昇へ。

$円は106.3円台から105.9円台へ、今朝は106.1円台。

欧州株は0.5%安から0.5%高。

ダウは1.5%安、他2指数も下落。

NY金は続伸
米失業保険申請件数の改善が遅れていることから金は上昇している。
その後はドル高か圧迫して上げ幅を縮小して引けた。
引け後は一段下落してマイナス圏へ。
$金は1966ドルまで上昇、その後は1941ドル台へ、今朝は1946ドル台。

NY原油は反落
EIA原油在庫は200万バレル、予想外の積み増しとなった。
ハリケーン「ローラ」の影響を受けて製油所が稼働を停止したことが要因。
また季節的な定期修理に入る製油者も多く、原油在庫が積み増されている。
WTI原油は38.1ドルから36.9ドルへ、今朝は37.2ドル台。
ブレント原油は40.9ドルから37.1ドルへ、今朝は39.7ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。