FC2ブログ

EU基金協議続く ワクチンの開発前進も $金は続伸 原油は反発

未分類
07 /21 2020
≪朝≫

EU首脳会議は復興基金を巡り今も協議が続いている。
調整が続いているものの、総額7500億ユーロの復興基金案で合意するとの期待からユーロが上昇した。

また新型コロナワクチン開発で一歩進んだ結果も公表されている。
アストロゼネカとオックスフォード大学は共同開発しているワクチンが初期臨床試験結果で安全性と免疫効果が確認されたとの報。

ユーロが上昇したことによりドルは下落

円は対ユーロで円安の流れ、$円は上値が重い。
$円は107.5円台から107.0円台へ、今朝は107.2円台。

欧州株は0.5%安から1%高。

ダウは小幅高、ナスダックは有望なワクチン治験結果を受けて史上最高値を更新した。
SP500も上昇している。

NY金は続伸
欧州時間から緩やかな上昇となり、米国時間前半は一段上昇した。
その後は調整が入り上げ幅を縮小している。
$金は1805ドルから1820ドルへ、今朝は1818ドル台。

NY原油は反発
新型コロナワクチンの開発が前進したことや株価の上昇が原油を支えている。
しかしコロナ感染拡大が収まらず、上値の重い展開が続いた。
WTI原油は39.9ドルまで下落、その後は41.0ドル台へ、今朝は40.7ドル台。
ブレント原油は42.3ドルまで下落、その後は43.3ドルまで上昇、今朝は43.2ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。