FC2ブログ

週末からのEU復興基金協議は今夜も続く $金は横ばい 原油は上値が重い

未分類
07 /20 2020
≪夕方≫

日本貿易収支6月は2688億円の赤字で3カ月連続の赤字となった。
輸入は落ち込み、輸出は自動車関連の落ち込みが大きかった。

一方、日銀議事録は国内経済が極めて厳しい状態と判断している。

$円は実需の買いで197円半ばまで反発したが上値は重く107.2円台を推移。

日経平均は0.1%高。
アジア株はまちまち、上海は上昇。

東京時間の$金は横ばい
手掛かりが不足しており方向感のない展開が続いた。
先週から始まったEU首脳会議は復興基金の協議が難航している。
補助金を修正をしたが2カ国が反対姿勢を崩さず協議は中断。
協議は日本時間の今夜に再開される見通しだが結果待ち。
$金は1808ドル台を推移。

原油は小幅安
新型コロナウイルスの感染拡大は続いており需要回復への懸念が上値を抑えている。
またOPECプラスが8月から協調減産を縮小する見通しもあり、WTI原油は41ドルの壁が厚い。
WTI原油は40.4ドル台。
ブレント原油は42.8ドル台を推移。

※7月の短期型パフォーマンスは25%プラス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
予想レンジ結果
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。