FC2ブログ

米経済指標は強弱まちまち $金は反落 原油は需要と減産縮小を警戒

未分類
07 /17 2020
≪朝≫

米新規失業保険申請件数は130万件で前月から1万人減少したものの予想は上回った。
失業保険継続受給者数も1733万件と高水準。
米小売売上高は予想を上回り良好な結果となっている。
一方、コロナ感染拡大は米西南部で拡大、カリフォルニア州では営業停止命令が出るなど経済への影響が懸念された。

ドルは経済活動への懸念や、米中関係を警戒して上昇。

$円は106.8円台から107.4円台へ、今朝は107.2円台。

欧州株は0.5%前後安。
ダウは雇用回復の鈍化を嫌気して0.5%安、他2指数も下落。

NY金は反落
中国のGDPがが予想を上回ったことや、米小売売上高が良好だったことから利食いが先行した。
また米政権が中国共産党員による米国への渡航を禁止を検討と伝えられリスク回避の動きに金も巻き込まれている。
ただ安全資産としての需要は根強く下落は限定的。
$金は1813ドルから1795ドルへ、今朝は1797ドル台。

NY原油は反落
石油需要への回復期待がある一方、コロナ感染拡大やOPECラスが8月から協調減産を縮小することが圧迫している。
WTI原油は41.3ドルから40.6ドル台へ、今朝は40.9ドル台。
ブレント原油は43.7ドル台から43.1ドル台へ、今朝は43.4ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。