FC2ブログ

ECBは予想以上に緩和拡大 ユーロ上昇ドル安続く $金は反発 原油は減産延長協議が一歩前進

未分類
06 /05 2020
≪朝≫

ECBはパンデミック緊急購入プログラムの購入規模を6000億ユーロ増加させ、1.35兆ユーロに拡大させた。
またプログラムの期限を6カ月先延ばし2021年6月末までとしている。

一方、米新規失業保険申請件数は187万人、事前予想を上回った。

ユーロはECBの発表を受けて上昇、ドルは下落が続いた。

円は主要通貨に対して全面円安。
$円は108.5円台から109.2円台へ、今朝は109.1円台。

欧州株は0.5%前後安。
ダウは小幅高、他2指数は下落している。

NY金は反発
ECBが予想以上の債券購入増額を決定したことを受けて金は上昇している。
ただ昨日の下落を埋める形で上値は重い。
また今夜は米雇用統計を控えており慎重姿勢も。
$金は1697ドルから1721ドルへ、今朝は1715ドル台。

NY原油は続伸
OPECプラスが協調減産を延長することへの期待が原油を支えた。
サウジとロシアは1カ月の減産延長を暫定合意している一方、減産を順守していない国に圧力をかけている。
一部報道によると、OPECプラスはイラクと割り当てを巡って暫定合意に達し、合意が確認されれば週末にも会合を開く可能性があるとした。
WTI原油は36.3ドルから37.6ドル台へ、今朝は37.3ドル台。
ブレント原油は39.0ドル台から40.0ドル台へ、今朝は39.8ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。