FC2ブログ

米上院はウイグル人権法案を可決 中国の反発は必至 $金高値圏を維持 原油は需給改善期待

未分類
05 /15 2020
≪夕方≫

東京時間の$円はリスク選好の円安と、株価の伸びが鈍く圧迫要因になっている。
一方、米上院は中国当局に制裁を科すウイグル人権法案を可決した。
中国の反発は必至だが今のところ反応はない。

$円は107.2円台を推移。

日経平均はマイナス圏に落ち込んだ後0.6%高へ。

東京時間の$金は横ばい
米国が追加刺激策を打ち出すとの期待や、米中の対立が激化してきていることから逃避需要が高まっている。
$金は1733ドル台を推移。

原油は小幅高
IEAが示した需給改善見通しが支援要因になっている。
またサウジアラムコがアジアや欧米の顧客へ供給を削減すると報じられたことも材料視された。
今夜は米石油掘削リグの稼働数が発表となるが減少を示すと支援要因になる可能性もある。
WTI原油は28.2ドル台。
ブレント原油は31.8ドル台を推移。

※5月の短期型パフォーマンスは17%プラス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
予想レンジ結果
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。