FC2ブログ

米景気は過去数十年で最悪へ 円はリスク回避で円高 ドル金は反落 原油は反落 米シェール会社が初の破たん

未分類
04 /02 2020
≪朝≫

ドルは反発している。
世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、世界的な景気の落ち込みが過去数十年で最悪になるとの見方が広がっている。
米ADP雇用者数は2.7万人減少、予想ほど落ち込まなかったが、3月中旬に調査が実施されたためウイルスの感染拡大の影響は一部のみ反映された。
米ISM製造業景気指数は49.1で予想ほどの落ち込みではないが、新規受注は11年ぶりの低水準。

リスク回避は円にも向かい全面的な円高へ。
$円は107.9円台から106.9円台へ、今朝は107.0円台。

欧州株は4%前後安。
ダウは新型コロナの死者拡大予想を嫌気して4.4%安、他2指数も下落している。

今夜は米新規失業保険申請件数が発表となる。
予想は350万件増で前週の328万件増を上回っている。

NY金は続落
新型コロナ感染拡大による逃避需要が下値を支えた。
一方で米経済指標が市場予想より悪化が小幅となり金の上値を抑えている。
$金は1572ドルから1600ドルへ、今朝は1592ドル台。

NY原油は反落
新型コロナ感染拡大による需要の落ち込みや、産油国の増産見通しが上値を抑えている。
EIA米原油在庫は1380万バレル増、ガソリン在庫は750万バレル増だった。
在庫発表を受けてWTI原油は20ドルを割り込んだが、その後は回復している。
一方サウジの原油供給量は日量で1200万バレル超に増加した。
米国の圧力の中で増産が続いている。
米シェール産業は採算ラインが50ドル前後とされており、低価格が続くと破たんが増加しそうだ。
月明けの1日は「ホワイティング・ベトリアム」が破たんした。
WTI原油は19.9ドルから21.5ドルへ、今朝は高値圏。
ブレント原油は26.2ドルから24.5ドル台へ、今朝は25.5ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。