FC2ブログ

ECBは量的緩和を決定 ドル高止まらず NY証券取引所は立会場を閉鎖 $金はECBの緩和が支え 原油の反発は一時的

未分類
03 /19 2020
≪夕方≫

日本時間の早朝にECBは7500億ユーロの資産購入プログラムの実施を発表している。
ユーロは朝方に上昇したが、その後は軟調な展開が続いた。

一方、ドルは安全通貨として上昇が続いている。

円は円高傾向だが、$円はドル高に支えられて円安へ。
$円は109.5円まで上昇、108.8円台を推移している。

NY証券取引所(NYSE)は23日から立会場を暫定的に閉鎖し、完全な電子取引に移行する。
閉鎖はNYにある株式とオプションの立会場、サンフランシスコのオプションの立会場となる。
以前にも閉鎖したケースはあるが大量売買がスムーズに進むのかの不安も。
職員1人と立会場で働く関係者が1人が新型コロナウイルスに感染したことが理由。

日経平均は朝方の2%上昇を維持できず1.0%安。
上海株をはじめアジア株は全面安。

東京時間の$金は軟調
ECBが量的緩和の実施を発表したため$金は下値を支えられているが、株価の下落が金を圧迫している。
またドル高や米金利高も$金の圧迫要因。
$金は1476ドル台を推移。

原油は下落
世界各国の移動制限や、サウジやロシアなどの産油国が増産見込みとなっているため需給の悪化は続きそうだ。
サウジやロシアはコスト高の米シェール産業を潰しにかかっており価格低迷は当面納まらない。
サウジのエネルギー省は、サウジアラムコに対して今後数カ月にわたって日量1230万バレルの原油供給を続けるように指示をした。
WTI原油は23.4ドル台。
ブレント原油は26.3ドル台を推移。

※3月の短期型パフォーマンスは5%プラス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
予想レンジ結果
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。