FC2ブログ

伊・仏はリセッションのリスク ユーロ安のなかドルも重い $金は小反落 原油は減産巡りサウジとロシアが意見相違

未分類
03 /05 2020
≪朝≫

主要各国の株価は上昇した。
FRBが利下げしたほか、各中銀への緩和期待がリスク回避を一服させて巻き戻しが起きている。
ただユーロ安の中でもドルの上値は重く慎重姿勢。

欧州委員会は新型コロナウイルスの影響で、イタリアとフランスが第一四半期にリセッションに陥るリスクがあると言及した。
イタリアでは3月15日まで学校閉鎖を発表するなどウイルス感染拡大は続いている。

$円は106.8円台から107.7円辺りへ、今朝は107.5円台。

欧州株は0.5%から1.5%高。
ダウは4.5%高、スーパーチューズデーで中道派のバイデン前副大統領が躍進したことや金融緩和が支援している。
他2指数も大幅上昇した。

NY金は小反落
リスク選好で株価が上昇、米金利は上昇となり$金を圧迫している。
ただFRBが利下げをしたことや各国中銀の緩和期待が下値を支え下落幅は小さい。
$金は1652ドルから1632ドルへ、今朝は1636ドル台。

NY原油は反落
OPECプラスの会合を控える中、サウジは日量120万バレルの追加減産を提案したが、ロシアは反対していると伝わった。
ロシアは追加減産に否定的で、協調減産を6月まで継続することを提案している。
WTI原油は48.4ドルから46.6ドル台へ、今朝は47.2ドル台。
ブレント原油は53.0ドル台から51.0ドル台へ、今朝は51.5ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。