FC2ブログ

安全への逃避先は円や米債 $金はパニック売り 原油は産油国による減産強化協議も需要への懸念続く

未分類
02 /29 2020
≪朝≫

新型コロナウイルスに関連したリスクオフが止まらない。
逃避資金は円や米債に向かい、米10年債利回りは1.11%台まで低下している。

ドルは主要通貨に対して下落。

円は全面高
$円は109.6円台から107.5円台へ、週末は108.1円台。

アジア株は全面安。
欧州株は3%以上の下落。
ダウは新型コロナウイルス感染拡大で4%安まで下落したが1.4%安の引け、他2指数は高安まちまち。

NY金は大幅続落
新型コロナウイルスの感染拡大により安全資産としての金だったが、株安などの影響を受けて換金売りが続いている。
一時は今月に上昇した分をほぼ帳消しにする下落となりパニック状態。
$金は1649ドルから1563ドルへ、週末は1586ドル台。

NY原油は続落
新型コロナウイルスは米国でも感染の兆しが出始めており、外出手控えによる需要減少が懸念されている。
また世界経済に与える影響が大きく景気懸念も原油を圧迫した。
一方、OPECプラスは日量100万バレルの追加減産を協議しているとの報道されている。
ただ原油を下支えるには不十分とみられ、下げ幅を縮小する程度だった。
WTI原油は47.1ドルから43.8ドル台へ、週末は45.2ドル台。
ブレント原油は51.1ドル台から48.9ドル台へ、週末は50.0ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。