FC2ブログ

英議会は採決を先送り CFTC建玉明細 NY金とNY原油

未分類
10 /20 2019
≪朝≫

英議会はEU離脱の採決を先送りしている。
議会は関連法案が成立するまで離脱案の採決を先送りする動議を賛成多数で可決した。
これによりジョンソン首相は英国の離脱期限10月31日の延期をEUに書面で要請する義務が生じている。
しかしジョンソン首相はその義務を拒否、10月22日に英議会で採決すると表明している。

CFTC建玉明細
期間は10月9日から10月15日までの変化。

【NY金】
投機資金の売り玉は0.8万枚増加、買い玉は1.5万枚減少、合計で2.3万枚の売りの手。
ネット買い越しは25.3万枚に減少した。
取組は1.0万枚減少して60.7万枚。

前回は上値の重い展開を予想。
予想レンジは1530ドルから1460ドルとした。
結果は1522ドルから1478ドルへ、基準日15日は1483ドルで、予想よりもやや縮小したレンジだった。

次回は引き続き上値の重い展開を予想。
予想レンジは1520ドルから1460ドル。

【NY原油】
投機資金の売り玉は1.4万枚増加、買い玉は1.6万枚増加、合計で0.2万枚買いの手。
ネット買い越しは35.7万枚で微増。
取組は3.1万枚増加して213.7万枚。

前回は底堅い展開からやや強めを予想。
予想レンジは51ドルから57ドルとした。
結果は51.4ドルから54.9ドル、基準日15日は52.8ドルで予想よりも反発力が鈍かった。

次回は上値の重い展開を予想。
予想レンジは55ドルから50ドル。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。