FC2ブログ

FOMC議事録の影響は小幅 $金は議事録を受けて下落 原油は製品在庫が圧迫

未分類
08 /22 2019
≪朝≫

ドルはFOMC議事録を受けて反発している。
議事録は長期的な利下げサイクルの開始とは見てなかった。
パウエル議長の会見と概ね一致しており、市場が期待する追加利下げとの乖離がある。
終末はジャクソンホールでパウエル議長の講演を控えているが、議事録の内容からすると期待するほどハト派的な内容にならないのかもしれない。

米金利は議事録を受けて反発。

$円は106.2円台から106.6円台へ、今朝は106.5円台。
議事録を受けた円安は小幅だった。

欧州株は1%から1.5%高。

ダウは0.9%高、他2指数も上昇している。

NY金は変わらず、引け後は下落
米国時間の序盤は安値拾いで底堅い展開となっていた。
引け後にFOMC議事録が公表されると$金は一時反発。
しかし市場予想ほどハト派的ではなかったため$金は反落している。
$金は1495ドルから1507ドルへ、今朝は1503ドル台。

NY原油は小幅安
米国時間の序盤は底堅い展開となっていたが、米製品在庫が増加したことが需要鈍化懸念となっている。
EIA原油在庫は270万バレル減、クッシング在庫は250万バレル減少していた。
ただガソリン在庫や留出油在庫の増加が嫌気され原油は下落している。
WTI原油は57.1ドルから55.5ドルへ、今朝は55.9ドル台。
ブレント原油は61.3ドルから60.0ドル台へ、今朝は60.3ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。