FC2ブログ

米経済指標や対中追加関税指示でドル全面高 $金はドル高や米金利高を嫌気 原油は乱高下

未分類
09 /15 2018
≪朝≫

ドルは前日の下落を取り戻す上昇、ユーロは前日の上昇を吐き出している。

米8月小売売上高は0.1%増と小幅な伸びにとどまり予想を下回った。
しかし7月の数字を0.7%増と0.5%増から上方修正している。
ミシガン大消費者信頼感指数や、米鉱工業生産指数も明るい内容だった。

取引中盤はトランプ大統領が2000億ドル規模の中国製品に対して追加関税措置を指示したと伝わっている。

米経済指標を好感して上昇傾向にあったドルは、トランプ大統領の追加関税指示で更に上昇。

ドル円は111.7円台から112.2円近くまで円安へ。
クロス円は円高に反応している。

欧州株は概ね上昇

ダウは小幅高

NY金は続落
米経済指標を受けてドルが上昇したことや、米長期金利が3%に乗せたことが金を押し下げた。
またトランプ大統領が中国製品に追加関税を指示したと伝わり、ドルが一段と上昇したことも金を圧迫している。
$金は1208ドルから1193ドルへ、ほぼ戻りはなく安値圏の引け。

NY原油は反発
ドルが全面高となったことや、前日のEIA月報を受けて軟調地合いが続いていた。
しかしポンぺを国務長官がイラン制裁に関する新たな記者会見を行うと報じられ、原油は供給懸念が意識され急反発している。
米石油掘削リグは7基増の867基となった。
WTI原油は68.9ドル→67.9ドル→69.9ドル→69ドルの展開。
ブレント原油は同様な展開となったが78.1ドル、小幅安で引けた。
ハリケーン「フローレンス」は上陸後に勢力を弱め熱帯低気圧となったが暴風雨による被害が出ている。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。