FC2ブログ

CFTC建玉明細の分析 NY金とNY原油

未分類
09 /09 2018
≪朝≫

CFTC建玉明細
NY金
前週はショートカバー中心に買いの手だったが、今週は手仕舞い売り中心の売りの手となっている。
売り増しの手は小さく下げ止まりを意識させる動きだが、買い方も力がなく上昇期待は小さい。
ただ中心限月の12月限が何かの切っ掛けで1220ドルを突破して引けてくるとショートカバーが入りやすくなる。
現在の12月限は1200ドル辺り。

NY原油
先週に引き続き投機筋が買い増ししている。
資金流入も見られ強気姿勢がうかがえる。
ただ基準日の4日はメキシコ湾で発生した熱帯性防風を材料に買った高値。
その後は高値から4ドル近く下落しており一時売りの手になった可能性がある。
売り玉は少なくショートカバーで支えることはできない。
相場が上昇トレンドを作るためには、資金流入が続くことや新たな要因で一段上昇することが必要になりそうだ。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。