FC2ブログ

FOMC利上げが適切 円は全面的な円安 $金小幅高 原油は在庫減で大幅上昇

未分類
08 /23 2018
≪朝≫

ドルは主要通貨に対して上値の重い展開が続いている。
トランプ大統領の顧問弁護士だったコーエン被告が有罪答弁を行ったたことで政治への波紋がドルを圧迫していた。
FOMC議事録は多くの高官が、比較的直ぐに追加利上げが適切となる可能性が強いとみていることが判明。
一方、貿易と住宅、新興国市場の下振れリスクも指摘している。

円は概ね全面安
前日の東京時間は米政治を懸念して円高に振れたが持ち直した。
ドル円は110円から110.6円へ。

本日は日本時間13時に米国が中国へ制裁関税の第2弾を発動する予定。
中国も報復関税を課す予定となっている。

欧州株はまちまち

ダウは0.3%高

NY金は続伸
欧州時間はユーロ高・ドル安を受けて$金は1201ドルまで上昇していた。
しかし米国時間はドルが持ち直して$金を圧迫。
今朝は1196ドル辺りを推移している。
$金のレンジは1192ドルから1201ドル。

NY原油は続伸
API在庫が予想以上に減少していたことを受けて緩やかな上昇が続いていた。
EIA在庫は原油が580万バレル減と予想以上に減少。
ガソリンは120万バレル増と予想外に積み増しとなった。
発表時間は上下に振れたが、その後は上昇が続き高値圏で引けている。
WTI原油は65.9ドルから68.1ドルへ。
ブレント原油は72.7ドルから75ドルへ上昇している。
米中通商協議は開催中だが、結果次第で上下の振れがありそうだ。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。