FC2ブログ

米金利上昇のなかでドル安がドル金を押し上げ 原油は強弱要因続く

未分類
07 /09 2018
≪夕方≫

週明けのドル円は110.4円台で小動きが続いている。
今朝経常収支が発表され1.9兆円の黒字となったがマーケットの反応はない。
午後はユーロが確りしたこともあり、ドルは軟調な展開となった。

日経平均は1.2%高

東京時間の金は確り
米金利は上昇しているなか、ドルが軟調な展開となり金を上昇させている。
今週の米物価指標の発表となる前に一段反発しており、目先は底堅い展開が続きそうだ。
$金は1255ドルから1260ドルへ上昇。

原油は一段高
原油供給への懸念があるほか、株価の上昇が下値を支えている。
一方、米中貿易戦争による需要の落ち込みが懸念されていて上昇に勢いはない。
WTI原油は74.2ドルへ。
ブレント原油は77.6ドルへ上昇。

※7月の短期型パフォーマンスは1%プラス
※7月の短期トレンド型パフォーマンスは1%マイナス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合7

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。