FRBの利上げも対中貿易関税の報道でドルは往って来い ドル金上昇 原油上昇

未分類
06 /14 2018
≪朝≫

ドルは主要通貨の大半で下落している。

FOMCは予想通りに25bpの利上げを決定、利上げ予想は年4回に上方修正となった。
発表を受けてドルは急伸。
しかし米国が中国製品への関税を準備中とWSJ紙が報道、ドルは往ってこいの急落となっている。
中国への関税対象品目は15日までに決定する予定となっていた。

ドル円はFOMCを受けて110.8円台まで上昇。
その後はドル安により110.1円台まで円高が進んでいる。

今夜はECB理事会
理事会では量的緩和の終了を議論すると期待されている。
ドラギ総裁の会見も控えており今後の金融政策のヒントが示されるか注目される。

欧州株はまちまち

ダウは米利上げ加速を警戒して0.5%安

NY金は反発
日中取引はFOMC前に引けている。
引け後に発表されたFOMCはややタカ派となりドルが急伸、金は急落となた。
しかし米政府が対中貿易関税を準備中と伝わりドルが急落、金は急伸している。
ドル金は1298ドルから1292ドルへ、その後は1301ドルまで上昇。
今夜はECB理事会を控えておりレンジ内に納まっている。

NY原油は続伸
米在庫発表を前に底堅い展開が続いていた。
EIA原油在庫は410万バレル減で予想以上の取り崩し。
製品在庫も予想以上に取り崩されていた。
発表を受けて原油は上昇している。
WTI原油は65.7ドルから66.8ドルへ。
緩やかな上昇が続いているが、来週はOPEC総会を控えており慎重な動きが続いている。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。