FC2ブログ

経済活動再開期待やユーロ安でドル高 $金は小反落 原油は供給過多解消期待で続伸

未分類
05 /06 2020
≪朝≫

ドルは主要通貨に対して概ね上昇している。
コロナ感染抑制策の緩和期待や株価の上昇が支援要因になった。

一方でユーロは下落。
独連邦憲法裁判所が、ECBの債券購入プログラムについて、継続は可能だが複数の懸念事項があると判断したことがユーロを圧迫した。
ただパンデミック緊急購入プログラムは判断の対象外としたことから影響は限定的とみられている。

$円は106.9円を高値に106.4円台へ、今朝は106.4円台。

欧州株は1.5%から2.5%高。
ダウは2%の上昇幅を削り0.5%高、他2指数も上昇している。

NY金は反落
新型コロナ対策を緩和する国が増えてきていることから金を圧迫した。
また独憲法裁判相が、ECBのQEについて一部修正を命じたことからユーロが下落、ドル高が$金を圧迫している。
ただ米中の対立が下値を支え下落は小幅。
$金は1690ドルから1711ドルへ、今朝は1703ドル台。

NY原油は続伸
新型コロナ感染拡大が落ち着きつつある中、各国が経済活動を段階的に再開する動きが石油需要を期待させている。
また産油国が協調減産を実施していることも供給過多解消に向かうとの期待もあった。
今朝発表のAPI原油在庫は840万バレル増、予想よりもやや積み増しとなっている。
WTI原油は23.4ドルから27.6ドル台へ、今朝は27.3ドル台。
ブレント原油は27.8ドルから31.9ドル台へ、今朝は高値圏。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。