FC2ブログ

米GDPはマイナス4.8% $金は引け後に反発 原油はガソリン在庫減少を好感

未分類
04 /30 2020
≪朝≫

ドルは下落が続いている。
米GDPは年率4.8%のマイナスにに落ち込んだ。特に個人消費がマイナス7.5%となり大きな重しになった。
FOMCは金利を据え置き、景気支援のため引き続き政策手段を活用すると表明。

ドルは米GDPを受けて下落、その後は下げ幅を縮小した。
しかしFOMCを受けてドルは再び下落となり上値の重い展開が続いている。

$円は106.8円台から106.3円台へ、今朝は106.6円台。

欧州株は2%から3%高。
ダウはコロナ新薬の「レムデシビル」の効果に期待して2.2%高、他2指数も大幅上昇している。

NY金は続落
新型コロナ治療薬の「レムデシビル」の臨床試験に関する効果が伝わり、逃避需要の金は下落している。
ただ米GDPがマイナス成長となったことから下値は支えられた。
引け後はFOMCの結果を受けて値を切り上げている。
$金は1713ドルから1697ドルへ、今朝は1712ドル台を推移。

NY原油は反発
EIA在庫は原油が予想ほど増加していなかった。
一方、ガソリンは予想外の減少となり、経済が再開に動いているとの期待も高まっている。
また製油所稼働率が上向いていることも支援要因になった。
WTI原油は17.6ドルから20.3ドル台へ、今朝は19.7ドル台。
ブレント原油は22.7ドルから25.1ドル台へ、今朝は24.4ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。