FC2ブログ

米中の通商交渉や人権問題でリスク回避続く $金は上昇 原油追加減産期待で上昇

未分類
12 /04 2019
≪夕方≫

中国のサービス部門PMIは53.5へ上昇して7カ月ぶりの水準となっている。
一方、香港のPMIは38.5へ低下、過去21年間で最低となった。

$円は朝方にやや円高へ。
中国外務省が、米国の人権法案可決に懸念を表明したことが嫌気された。
一方、米下院は中国の少数民族のウイグル人権法案を圧倒的多数で可決している。
$円は108.6円台を推移。

東京時間の$金は確り
米中通商交渉の不透明感や、人権を巡る米中の対立など金の支援要因になっている。
$金は1480ドル台を推移。

原油は確り
米中通商交渉への不透明感は圧迫要因。
ただ今週末に開催されるOPEC総会での追加減産期待が原油を支えている。
WTI原油は56.5ドル台。
ブレント原油は61.3ドル台を推移。

※12月の短期型パフォーマンスは10%マイナス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合8
予想レンジ結果

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。