FC2ブログ

$円は強弱要因で上下 $金はやや軟化 原油は下落

未分類
11 /21 2019
≪夕方≫

東京時間の$円は円高に振れたあと回復している。
朝方はトランプ大統領が香港を巡る法案に署名する見通しと伝わり円高へ。
午前11時過ぎには中国の劉鶴副首相が、第一段階の署名について慎重ながらの楽観視とつたわり円安へ。
方向感のない展開となっている。
$円は108.5円台を推移。

日経平均は0.5%安。
アジア株は全面安、香港の下落が目立っている。

今夜はECB月報、米景気先行指数、米中古住宅販売件数の発表がある。

東京時間の$金はやや軟化
香港を巡る法案にトランプ大統領が署名する見通しと伝わり米中関係の悪化が懸念されて金は確りしていた。
その後は中国副首相の発言で軟化。
方向感のない展開が続いている。
$金は1470ドル台を推移。

原油はやや軟化
トランプ大統領が香港を巡る法案に署名する見通しとの報が圧迫している。
米中関係の悪化を懸念してアジア株は軒並み下落しており原油需要減を警戒した。
またプーチン大統領はOPECと協力するとの報が懐疑的となっていることも原油の圧迫要因。
WTI原油は56.8ドル台。
ブレント原油は62.1ドル台。

※11月の短期型パフォーマンスは30%マイナス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。