FC2ブログ

米中通商協議見通しに暗雲 リスク回避で円高 ドル金急上昇 原油は急落

未分類
10 /10 2019
≪朝≫

米国時間のドルは対円で上昇、他通貨では下げ渋りとなっている。

英FT紙によると中国は米国産大豆の購入を年2000万トンから3000万トンへ引き上げることを提案と報じた。
また中国は米国との部分的合意を排除していないとも伝わり、市場は楽観的な反応を示している。

$円は106.9円台から107.6円台へ。

今朝は円高への反応を示し106.9円台へ大幅な円高。

今朝7時30分頃に、米国と中国は次官級レベルの貿易協議で進展がなかったと報じられた。
また中国は米国の軍・CIA関連機関などの情報機関関連者、米国人権団体関係者などに対して行っているビザ発給の制限を強化するとも伝わった。

欧州株は0.5%から1%高。

ダウは0.7%高。
今朝の欧米株時間外は米中通商協議への警戒感で大幅下落している。

NY金は反発
米中通商協議の進展の可能性から一時値を沈めていたが、安値は買い拾われている。
$金は概ね1500ドルから1510ドルのレンジ。
今朝の$金は米中通商協議への警戒感で1516ドルへ上昇している。

NY原油は小幅続落
トルコがシリア北東部でクルド人勢力に対する軍事作戦を開始したことが地政学的リスクになっていた。
ただ原油在庫が290万バレル増と予想を上回ったことから上値は重くなっている。
WTI原油は52.5ドルから53.7ドルへ。
今朝は51.5ドル台へ急落。
中国政府がビザ発給の制限を強化する方針と伝わったことが原油を急落させている。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。