FC2ブログ

米中の歩み寄りで円安進む $金は下落後に回復 原油は米中関係や追加減産を期待で反発

未分類
09 /12 2019
≪夕方≫

東京時間の$円は一段円安が進んだ。
米中双方が貿易摩擦の改善に向けて歩み寄りを見せたことが好感されている。
$円は108.1円台まで円安が進んだ後、108.0円台で推移。

日経平均は1.1%高。

今夜はECB理事会、金融緩和観測が見込まれている。

東京時間の$金は変わらず
朝方は米中通商問題の緩和観測から1490ドルを割り込んでいた。
その後はECBの金融緩和観測や来週のFOMCを期待して下落を取り戻している。
$金は1497ドル台で推移。

原油は小幅高
昨夜は米国によるイランへの制裁緩和観測が原油を大きく下落させていた。
アジア時間は米中通商問題の緩和観測が下値を支えている。
またOPEC/非OPECの閣僚監視委員会で追加減産を協議する可能性も支援要因になった。
WTI原油は56.0ドル台。
ブレント原油は61.1ドル台を推移している。

※9月の短期型パフォーマンスは14%マイナス
※9月の短期トレンド型パフォーマンスは18%マイナス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。