FC2ブログ

中国報復関税発表 パウエル議長はリスクを警戒 トランプ大統領が吠えてドルは急落 $金大幅上昇 原油は大幅下落

未分類
08 /24 2019
≪朝≫

中国は米製品750億ドル相当に5-10%の報復関税を9月と12月に発動すると発表した。
これを受けてトランプ大統領は米企業に対して中国から事業を撤退させ、米国内での生産を拡大するよう要請している。
米中貿易摩擦は一段と悪化してきた。

ジャクソンホールでパウエル議長は、経済は望ましいが著しいリスクが迫っている、景気拡大に向けて適切に行動すると述べている。
追加利下げを示唆した発言ともとれドルは下落した。

トランプ大統領はパウエル議長の講演を受けて金融当局を改めて批判。
パウエル議長は習近平主席より大きな敵かもしれないとツイート。

ドルはパウエル議長講演よりもトランプ大統領のツイートに大きく反応して下落している。
米金利は大幅に下落した。

円はリスク回避が進み全面的な円高。
$円は106.7円台から105.2円台へ、週末は105.4円台。

欧州株は1%から1.5%安。

ダウは米中貿易摩擦激化で2.3%の大幅下落。
他2指数も2.5%から3%下落している。

NY金は大幅反発
中国が米製品に報復関税の実施を発表したことが切っ掛けとなり$金の上昇は始まっている。
その後はパウエル議長講演を受けて上昇。
更にトランプ大統領のツイートでドルが急落、$金は一段と上昇している。
$金は1493ドルから1530ドルへ、週末は1527ドル台。

NY原油は大幅続落
中国が米製品に報復関税を課すと発表したことから、米中貿易摩擦が激化するとの懸念が強まり原油は大幅に下落した。
その後は下げ幅を縮小したものの、トランプ大統領が米企業に対して中国から撤退を要求したことなどが嫌気され再び下落している。
WTI原油は55.6ドルから53.2ドル台へ、週末は53.9ドル台。
ブレント原油は60.3ドルから58.3ドル台へ、週末は59.1ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。