FC2ブログ

米GDP速報値は予想を上回りドルは続伸 $金は確り 原油は需要期待と地政学的リスク

未分類
07 /27 2019
≪朝≫

米第2四半期GDP速報値は2.1%増と、予想の1.8%増を大きく上回った。
しかし企業・設備投資と輸出が減少したため、来週のFOMCで25bpを利下げする見通しは維持されている。

ポンドは27カ月ぶりの安値に沈んだ。
ユンケルNEC委員長は英新首相に対し、メイ前首相と合意したEU離脱協定案が最善かつ唯一の提案と述べたことからポンド下落へ。

$円は108.5円台から108.8円台へ、週末は108.6円台。

欧州株は高安まちまち

ダウは0.2%高、3指数ともに上昇している。
ナスダックは2日ぶりに史上最高値を更新した。

NY金は反発
米GDPは予想を上回ったものの、来週のFOMCで利下げする見通しに変わりはない。
$金は米GDPを受けたドル高でマイナス圏に落ち込んだが、利下げ見通しが維持されたことからプラス圏を取り戻している。
$金は1413ドルから1424ドルへ、週末は1420ドル台。

NY原油は小幅高
米GDPは発表後はドル高に押される動きとなったが需要改善見通しが好感された。
またメキシコ石油会社が4-6月期に原油生産が約10%減少したと公表。
更にイランが中距離弾道ミサイルを試射したとの報も原油の下値を支えている。
WTI原油は56.5ドル台から55.6ドル台へ、週末は56.1ドル台。
ブレント原油は63.9ドル台から63.1ドル台へ、週末は63.3ドル辺り。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。