FC2ブログ

$円は買い戻し $金は急反発後の高値圏を維持 原油は地政学的リスクも需要減が圧迫

未分類
07 /19 2019
≪夕方≫

$円は下げ幅を縮小している。
NY連銀総裁が前日のハト派的内容の講演は学術的なもので、FOMCの政策に関するものではないと注釈した。
今月の利下げは0.5%との見方も増加したが反動が出ている。
$円は107.6円台を推移。

日経平均は2.0%の大幅高。

東京時間の$金はやや軟化
昨日に下落していたドルはやや買い戻されており$金を圧迫している。
ただ高値圏を維持されており調整の範疇。
$金は1440ドル台を推移している。

原油は上昇
米海軍がイランの無人偵察機を撃墜したことから地政学的リスクが高まっている。
また、米中閣僚級電話会談協議が実施されたことは期待感となった。
一方、IEAは2019年の世界の石油需要の伸びを110万バレルに下方修正している。
昨年は150万バレル増予想としたが、先月は120万バレル増に下方修正したばかりだった。
米中貿易摩擦や世界経済の減速が影響している。
WTI原油は56.0ドル台。
ブレント原油は62.8ドル台を推移。

※7月の短期型パフォーマンスは30%プラス
※7月の短期トレンド型パフォーマンスは14%プラス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。