FC2ブログ

円は主要通貨に対して全面高 $金は安全資産で上昇 原油はつるべ落としの暴落

未分類
06 /01 2019
≪朝≫

トランプ政権がメキシコからの輸入品に5%の関税を課すことが大きく影響している。
不法移民流入を止めるまで、最大25%まで引き上げる方針。
東京時間の昨日の朝に入っていた報だが、欧米市場ではさらに拡大してマーケットに影響を与えている。

ドルは安全資産としての通貨の一つだが、この日は下落の反応。

円は主要通貨に対して全面高の流れ。
$円は109.6円から108.2円台へ、週末は108.3円辺りで上値は重い。

米個人消費支出は0.3%上昇、昨年1月以来の伸びとなったが反応薄。

欧州株は0.5%から1.5%安。

ダウは対メキシコ関税を嫌気して1.4%安、3指数ともに大幅安。

NY金は続伸
時間外は米政権がメキシコからの輸入品に関税を課すことや、中国の製造業PMIが悪化したことを受けて上昇した。
米国時間はドルや株の下落を受けて更に上昇している。
$金は1288ドルから1307ドルへ、週末は1305ドル台。

NY原油は大幅続落
トランプ政権がメキシコからの輸入品に関税を課すことが嫌気されている。
米国はメキシコ産原油を日量70万バレル近く輸入しており、5%の関税は一日200万ドルのコスト増になる見込み。
一方、中国の製造業PMIが悪化したことや、米中通商摩擦がエスカレートしていることも需要の落ち込み懸念となっている。
昨日の日本時間は上値の重い展開だったが、欧州時間は下落が始まった。
米国時間に入ると下げに加速がつき、つるべ落としの形となっている。
WTI原油は56.6ドルから53.1ドルへ、週末は53.3ドル台。
ブレント原油は64.8ドルから61.4ドルへ、週末は61.7ドル辺り。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。