FC2ブログ

ユーロ圏GDPを受けてユーロ高ドル安 $金反発 原油はベネズエラの混乱で上昇

未分類
05 /01 2019
≪朝≫

ユーロ圏Q1GDPが予想を上回りユーロは上昇している。
米指標場強弱まちまちだったことやFOMCを控えているためドルは3連続安となった。

FOMC結果は日本時間2日AM3時に公表される。
金融政策は据え置き見通しとなるが、パウエル議長会見まち。

欧州株はまちまち

ダウは0.1%高

NY金は反発
中国製造業PMIが予想を下回り世界的な景気減速懸念が再燃したことやドル安が$金を支えている。
ただFOMCを控えていることやユーロ圏経済の底堅さが上値を圧迫した。
$金は1280ドルから1286ドルへ、今朝は1283ドル辺り。

NY原油は
混乱が続いているベネズエラで、暫定大統領グアイド氏がクーデターを呼びかけたことから原油の供給懸念が高まった。
グアイド氏は軍に決起を呼びかけ、同氏を支持する市民と治安部隊が衝突するなど混乱が続いている。
ただ軍はマドゥロ政権から離反する動きは見られず原油は上げ幅を削った。
WTI原油は63.3ドルから64.7ドルへ、今朝は63.5ドル辺り。
ブレント原油は71.2ドルから72.8ドルへ、今朝は71.6ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。