FC2ブログ

地政学的リスク継続 $金確り 原油は横ばい

未分類
09 /20 2019
≪夕方≫

東京時間の$円はやや円高に振れているが、各国中銀の金融政策を終えて手掛かり不足となっている。
$円は107.7円台を推移。

日経平均は0.2%高

東京時間の$金は確り
ドルがやや軟調に振れていることや米金利の低下などが$金を支えている。
しかし方向感に欠けてレンジ内の動き。
$金は1504ドル台を推移。

原油は横ばい
サウジがイエメンの湾岸都市で軍事作戦を開始したことが原油の下値を支えている。
また米国によるイラン制裁も警戒されて底堅い。
WTI原油は58.6ドル台。
ブレント原油は64.6ドル台を推移。

※9月の短期型パフォーマンスは21%マイナス
※9月の短期トレンド型パフォーマンスは30%マイナス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



$金はユーロ高が支えとなり下げ幅縮小 原油はサウジの短期間の生産回復を疑問視

未分類
09 /20 2019
≪朝≫

ドルは下落している。
FRBは前日に利下げを決定したが、日本や英国などが金融政策を据え置いたことがドルの上値を重くした。

ポンドは上昇。
ユンケル委員長が10月末までに英EU離脱協議は合意が可能との考えを示したことが好感されている。

$円は108.4円から107.7円台へ、今朝は108.0円台を推移。

欧州株は0.5%から1%高。

ダウは0.2%安、他2歯痛はほぼ変わらず。

NY金は反落
FOMC結果を受けた$金の下落は、ユーロ高が支えとなり下げ幅を縮小している。
ただ上値は重く方向感はない。
$金は1489ドルから1504ドルへ、今朝は1498ドル台。

NY原油は小反発
米WSJ紙は、サウジはイラクから原油輸入を検討し、輸出分の確保を図ろうとしていると報じた。
この報道はサウジの石油施設が短期間で修復する見通しを疑問視させている。
一方、イランの外相が、軍事衝突は望まないが米国やサウジが戦争を仕掛けるなら全面戦争を辞さないと表明したことも原油の下値を支えた。
WTI原油は58.0ドル台から59.4ドル台へ、今朝は58.7ドル台。
ブレント原油は63.5ドル台から65.5台ドルへ、今朝は64.8ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

9月19日トレード結果

未分類
09 /20 2019
<前日16;30-15;15短期トレード主な注釈>
金:寄付きで売り指しヒット・反発で買い戻し・日計損。その後は大幅安。
白金:高値圏で売り指しヒット・下落で買い戻し・日計益。
ゴム:買い玉維持・値洗いマイナス。
ガソ:寄付きで買い指しヒット・値洗いプラス。
原油:寄付きで買い指しヒット・値洗いマイナス。

※トレード表は前々日の16時頃に会員の皆様へ配信した結果をまとめています。
※表は前々日16時30分から前日15時15分までのトレード結果です。
※翌日のトレードは会員の皆様へ16時頃に配信しています。

翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
当日8
銘柄別8

短期トレンド型
トレンド型・当日8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

$円円高へ $金小幅高 原油は底堅い

未分類
09 /19 2019
≪夕方≫

東京時間の$円は利食いで円高へ。
日銀金融政策決定会合は金融政策を据え置いた。
緩和のシグナルを期待した向きもあり、発表後は更に円高が進んでいる。
$円は107.7円台まで円高となった後、107.8円台を推移。

日経平均は朝方が1.5%近くの上昇。
その後は上げ幅を縮小して0.4%高。

東京時間の$金は小幅高
ドルが軟調となったほか米金利がやや低下するなど、$金の下支えになっている。
ただ米金融政策は決め手にならず上値は重い。
$金は1497ドル台を推移。

東京時間の原油は底堅い
サウジの生産回復見通しが上値を圧迫した。
またIEAは在庫放出を急がない見通しもあり需給ひっ迫感は後退している。
ただ米政府は48時間以内にイラン制裁を発表するとしており緊張は続きそうだ。
WTI原油は58.2ドル台。
ブレント原油は63.7ドル台を推移。

※9月の短期型パフォーマンスは26%マイナス
※9月の短期トレンド型パフォーマンスは33%マイナス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

FOMCを受けてドル高円安へ $金は引け後に急落 原油は軟調

未分類
09 /19 2019
≪朝≫

注目のFOMCは市場予想通りに0.25bpの利下げを決定した。
声明では米経済は緩やかなペースで成長を続けており労働市場は力強いとの見方だったが、世界情勢のほかインフレ圧力が抑制されていることから利下げを決定したている。
ただ政策当局者17日のうち7人は年内あと一回の利下げを見通す一方、5人は年内に利上げが必要になるとの見方を示していた。

米金融政策について市場が期待するほどハト派的にならずドルは上昇の反応を示している。

$円は108.0円台から108・5円手前まで円安へ、今朝は108.4円台。

欧州株は概ね小幅高。

ダウは0.1%高、他2指数はまちまち。

NY金は続伸、引け後はFOMCを受けて急落
米イランの緊張が高まり$金は上昇していた。
引け後はFOMC結果がハト派的にならなかったことから急落している。
$金は1501ドルから1511ドルへ、引け後は1483ドルへ下落、今朝は1493ドル台。

NY原油は続落
サウジの生産回復見通しが原油の上値を圧迫して軟調に推移していた。
その後はEIA在庫が増加していたが一時反発。
ただ上値は重く軟調な展開が続いている。
EIA原油在庫は100万バレル増、予想外の積み増し。
ガソリン在庫は80万バレル増、予想外の積み増しとなった。
WTI原油は59.2ドルから57.5ドル台へ、今朝は58.1ドル台。
ブレント原油は64.9ドル台から63.1ドル台へ、今朝は63.5ドル台。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
2018年運用実績
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。