FC2ブログ

FOMC待ち

未分類
09 /26 2018
≪夕方≫

東京時間のドル円は一時113円を突破したが上値を買う勢いはなかった。
今夜は日米首脳会談を控えていることや、明日未明にはFOMCの結果を控えているため様子見姿勢が多い。

FOMCは今回を含め年内あと2回の利上げが織り込まれており、来年の金融政策見通しが注目される。

日経平均は0.4%高

東京時間の$金はやや確り
明日未明に公表されるFOMCを前に様子見姿勢となってる。
米金利が高止まりしている中で$金は比較的底堅い。

原油は小幅高
朝方はAPI原油在庫増で下落していたが、その後は持ち直している。
イラン産原油の供給減少を懸念して底堅い。
WTI原油は72.1ドル辺り、ブレント原油は81.1ドル辺り。

※9月の短期型パフォーマンスは36%プラス
※9月の短期トレンド型パフォーマンスは5%プラス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

FOMCのポイント ドル金底堅い API原油在庫予想外に増加

未分類
09 /26 2018
≪朝≫

米経済指標は強弱まちまちの内容となっている。
ドルはFOMCを控えて様子見姿勢が多く方向感はなかったがやや上値の重い展開。

ドル円は113円まで小幅な円安となったが高値圏で小動き。

今夜はFOMC。
金融政策は今会合で0.25%の利上げ予想、また12月の利上げも見込まれている。
来年は年2回から3回の利上げ見通しだが、どのように判断するかがポイントになりそうだ。
一方、日米首脳会談も控えており、通商問題が進展するかに注目したい。

欧州株は小幅安から1.5%高

ダウは0.2%安

NY金は小幅続伸
FOMCを控える中でドルが軟調に推移したため$金は底堅い展開となっている。
$金は1197ドルから1203ドル。
FOMCでの利上げは織り込まれているものの結果が公表されるまで動きづらい。

NY原油は続伸
米国によるイラン制裁で原油供給の先細り見通しが下値を支えている。
ただ、トランプ大統領が国連総会の演説でOPECに引き続き増産を要求したことが上値を抑えた。
WTI原油は72ドルから72.7ドルのレンジ。
ブレント原油は80.5ドルから81.7ドルのレンジ。
今朝発表のAPI原油在庫は予想に反して290万バレル増となった。
クッシング在庫が26万バレル増、ガソリン在庫が95万バレル増となっている。
発表を受けてWTI原油は71.8ドル台で推移。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

9月25日トレード結果

未分類
09 /26 2018
<前日16;30-15;15短期トレード主な注釈>
金:反落時に買い指しヒット・その後の下落で手仕舞い売り・日計損。
白金:反落時に買い指しヒット。夜間の引けて手仕舞い売り・帳尻益。
ゴム:反落時に手仕舞い売り・帳尻ゼロ。
ガソ:反落時に手仕舞い売り・帳尻ゼロ。
原油:反落時に手仕舞い売り・帳尻ゼロ。

※トレード表は前々日の16時頃に会員の皆様へ配信した結果をまとめています。
※表は前々日16時30分から前日15時15分までのトレード結果です。
※翌日のトレードは会員の皆様へ16時頃に配信しています。

翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
当日8
銘柄別8

短期トレンド型
トレンド型・当日8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2大イベントを控え慎重姿勢 ドル金横ばい 原油高値圏維持

未分類
09 /25 2018
≪夕方≫

東京時間のドル円は113円手前まで小幅な円安となった。
今夜の日米通商協議や、明日までのFOMCを控え様子見姿勢が多い。

日経平均は小幅高

東京時間の$金は小動き
今夜から始まるFOMCを前に慎重姿勢となっている。
FOMCは0.25%の利上げが確実視されているほか年内再度の利上げも想定内。
来年度の金融政策を睨むことになりそうだ。
$金は1199ドル辺りを推移している。

原油は横ばい
本日は産油国の増産見送りを消化している段階。
供給が増加しなかったことやイラン産原油の供給減少など懸念要因がある。
一方、米中貿易摩擦による需要減退懸念や、10月から始まる石油戦略備蓄の放出など供給増による需給は不透明。
強弱要因が絡むなか、チャートは上値指向となっている。
明日はAPIとEIAの在庫。
原油は170万バレル減少見通し。

※9月の短期型パフォーマンスは35%プラス
※9月の短期トレンド型パフォーマンスは4%プラス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合8

見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ドル円は確り $金反発 ブレント原油は増産見送りで5月の高値を更新

未分類
09 /25 2018
≪朝≫

ドルは米中通商協議が取りやめになったことから一時下落したが反発に転じている。
またドラギ総裁などのタカ派的発言もユーロ高・ドル安につながった。
その後は米金利上昇からドルは持ち直している。
本日から始まるFOMCを前に様子見姿勢は多い。

ドル円は112.4円から112.8円台へ円安が進んでいる。
日米通商協議は米国時間24日夕方の予定が延期となり、25日AM8時半からに変更となった。

欧州株は0.5%から1%安

ダウは米中摩擦への懸念で0.7%安

NY金は反発
ドル安や米中貿易摩擦など安全資産として$金は見直されている。
ただFOMCを控えレンジ内の動き。
ドル金は1194ドルから1204ドル、今朝は1199ドル辺り。

NY原油は続伸
OPECと非OPECの会合は増産見送りを決定したことから供給の懸念が再燃されている。
トランプ大統領が原油価格抑制を要請していたが、サウジやロシアは早急な増産を否定した。
WTI原油は71.4ドルから72.7ドルへ、今朝は72.2ドル辺り。
ブレント原油は79ドルから80.7ドルへ。
ブレント原油は5月の高値を更新している。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。