ドル高一服 金切り返すも小動き WTI原油は高値更新

未分類
05 /22 2018
≪朝≫

米中通商問題は当面一巡して楽観的な見方となり資源国通貨が上昇した。

ドルは欧州時間序盤まで上昇していたが、米金利の落ち着きもあり軟化傾向が続いている。
特段下落材料はなかったが、上昇続きのドルは上値の重い一日となった。

ドル円はアジア時間の終盤に111.4円まで円安が進んだあと111円へ軟化している。

欧州株はまちまち

ダウは米中通商問題一巡から1.2%高

NY金は小幅安
米中通商問題が一巡したことから欧州時間の序盤まで下落傾向が続いた。
しかしドルが軟化を始めると金は下げ幅を縮小する動きとなっている。
ドル金は1291ドルから1282ドルへ、その後は1293ドルまで切り返した。

NY原油は反発
ベネズエラの大統領選は反米左派のマドゥロ大統領の再選が決まった。
現職の大統領が勝利したことに各国の非難は強く、米制裁が強化するとの見方に傾いた。
トランプ大統領は、石油などベネズエラ資産に絡む売掛債権取引に米国人が関与することを禁じる大統領に署名している。
一方、中国は米国産農産物やエネルギーを大量に購入する見通し。
WTI原油は欧州時間まで下落、71.3ドル台まで値を沈めた。
しかし米国時間は72.6ドルまで上昇、高値を更新している。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

5月21日トレード結果

未分類
05 /22 2018
<前日16;30-15;15短期トレード主な注釈>
金:小反発時に買い戻し・帳尻損。
白金:反落時の最安値で買い戻し・帳尻益。
ゴム:安値拾いに0.7円届かずポジションなし・その後は上昇続く。
ガソ:安値拾いに80円届かずポジションなし・その後は上昇。
原油:反落時に買い指しヒット・値洗いプラス。反落時に逆売り指しヒット・反発で買い戻し帳尻損。

※トレード表は前々日の16時頃に会員の皆様へ配信した結果をまとめています。
※表は前々日16時30分から前日15時15分までのトレード結果です。
※翌日のトレードは会員の皆様へ16時頃に配信しています。

翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
当日6
銘柄別6
短期トレンド型
トレンド型・当日6
見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

米中貿易戦争は一旦保留でドル高円安 ドル金下落 原油は供給不足懸念で上昇

未分類
05 /21 2018
≪夕方≫

週明けのドル円は112.3円台まで円安が進んでいる。
米中通商協議は、中国が米国の製品やサービスの購入を増やすことで合意した。
米国が求めていた貿易黒字2000億ドル削減への言及はなかった。

ただ昨日ムニューシン米財務長官は、米中貿易戦争を一旦保留にすると述べたことがドル高円安要因になっている。

日経平均は0.5%高

東京時間のドル金は下落
米中貿易戦争が当面一巡したことからドルが上昇、ドル金は売り圧力がかかった。
リスク回避が峠を越えたことが影響している。
中東や北朝鮮の地政学的リスクは下支え要因だが反応は限定的。
ドル金は1287ドルまで軟化した。

原油は一段上昇
中東の地政学的リスクが原油供給懸念として警戒され原油を押し上げている。
ドル高にもかかわらず先高を意識した動きが続いた。
WTI原油は71.9ドルまで上昇している。
一方、サウジをはじめOPEC加盟・非加盟国はブレント原油が80ドル乗せとなったことを受けて週末に協議。
潜在的な原油不足に対処できるよう、適切な供給可能量を確保する方針を示している。

※4月の短期型パフォーマンスは1%プラス
※4月の短期トレンド型パフォーマンスは20%マイナス

トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合6
見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

今週の予定

未分類
05 /21 2018
≪朝≫

今週はFOMC議事録に注目が集まる、
FRBは金融引き締め継続方針を維持する一方、他主要国は利上げを急いでいない。
米国と他主要国の金利差拡大傾向がドル高地合いを継続する可能性がある。
今回のFOMC議事録は6月利上げを確認することになりそうだ。
ただ利上げペースの加速については意見が分かれていて議事録の内容を確認したい。

今週の主な予定
21日、日本貿易収支
22日、米韓首脳会談
23日、米新築住宅販売件数、FOMC議事録
24日、米中古車販売件数、EU財務省理事会、ユーロ圏財務相会合
25日、独Ifo景況感指数、米耐久財受注
その他、連銀総裁の講演が複数ある。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ドル高ユーロ安続く 米金利低下で金高 原油は利食い先行

未分類
05 /19 2018
≪朝≫

ドルの上昇は米国時間の前半まで続いたあと、米金利低下や週末のポジション調整でやや軟化している。
米長期金利は3.06%台まで下落した。

一方、ユーロは下落が続いている。
イタリアは連立協議で合意したが、財政緊縮路線を放棄、減税など積極財政への変更が盛り込まれた。
政策変更は財政支出を増大させ、国債増発は必至と捉えられてユーロの圧迫となっている。

ドル円は111.1円から110.6円へ円高に振れた。
米長期金利の低下やクロス円の上昇がドル円を圧迫している。

欧州株は小幅安、イタリア株は1.5%安

ダウは小動き

NY金は小反発
米長期金利が低下したことからドル金はショートカバーによる反発となっている。
また米朝通商協議の不透明感もあり調整が続いた。
ドル金は1286ドルから1294ドルへ。
週末は1292ドル台。

NY原油は反落
欧州時間まで小高く推移していたが米国時間は軟調な展開となった。
ドル高で高値警戒感があったほか、週末のポジション調整も加わった。
WTI原油は71.8ドルから71.1ドルへ、週末は71.4ドル台。
ブレント原油は79.8ドルから78.3ドルへ下落している。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期パフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。