為替は米GDP待ち

未分類
04 /28 2017
≪夕方≫

東京時間のドル円は111円前半の動きとなり連休を前にポジション調整が続いている。

今夜は米GDP速報値を控えていることも結果を待つ動きとなった。
米Q1GDP速報値はは1.2%増で伸び悩む予想。

日経平均は0.3%安。

ドル金は1265ドルを中心に狭いレンジが続いている。

原油は反発をして49ドル半ばまで回復した。
サウジを中心としたOPEC側が減産延長に動いている。
一方、米国は生産量拡大や高水準の在庫など上値圧迫が続く。
またリビアは生産拡大を目指すなど強弱要因が重なっている。

※4月の短期型パフォーマンスは9%プラス
※4月のトレンド型パフォーマンスは9%マイナス


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期のパフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合4
見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ドラギ総裁発言でユーロ急落 原油はリビアが協調減産効果を大幅に削減

未分類
04 /28 2017
≪朝≫

ECBは金融政策を昨年12月に決定した通り、量的緩和を毎月600億ユーロに減額した。
年末までこの量的緩和を継続する。

ドラギ総裁は会見で、フォワードガイダンスの変更を議論しなかったと表明した。
市場は金融緩和の解除に向けた文言の変更を検討との見方が強かった。

発言を受けユーロは急落。
ユーロ・ドルは1.093ドル台から1.085ドル台へ値を沈めている。

ドル円は111.6円から111円台まで円高へ。
円高はドラギ総裁発言から時間差があり間接的な影響となている。

欧州株は0.5%前後安。

ダウは小幅高で終えている。

NY金は続落。
ドラギ総裁発言を受けユーロ・ドルの振れに沿った展開となった。
ドル金は一時1261ドルまで下落、その後は1266ドル辺りまで反発。
今朝は1264ドルと方向感はない。
政治的リスクが後退する一方、地政学的リスクが下値を支えている。

NY原油は反落。
リビア最大のシャララ油田から同国の製油所へ原油供給が再開されたことが圧迫要因になった。
同国の産油量は日量49万バレルだが、8月までに110万バレルの生産目標を目指しているという。
OPEC側の協調減産は120万バレルであり、リビアが目標達成なら影響は大きい。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期のパフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

4月27日トレード結果

未分類
04 /28 2017
<前日16;30-15;15トレード主な注釈>
金:買い玉維持・値洗いプラス。
白金:売り玉維持・値洗いプラス。
ゴム:ポジションなし。
ガソ:反落時に逆売り指しヒットその後は・EIA在庫で急反発・最高値で買い戻し日計損。
原油:反落時に逆売り指しヒット・その後はEIA在庫で急反発のため買い戻し・日計損。

※トレード表は前々日の16時頃に会員の皆様へ配信した結果をまとめています。
※表は前々日16時30分から前日15時15分までのトレード結果です。
※翌日のトレードは会員の皆様へ16時頃に配信しています。

翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期のパフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
当日4
銘柄別4
トレンド型
トレンド型・当日4
見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

日銀・景気は緩やかに拡大 今夜はECB理事会 ドル金は調整続く

未分類
04 /27 2017
≪夕方≫

日銀金融政策決定会合は景気判断を「緩やかに拡大しつつある」と上方修正している。
拡大の表現は2008年以来で9年ぶりとなる。
金融政策は現状維持を決定した。

事前予想通りとなったため為替市場は反応がなくドル円は111円台前半を推移した。

今夜はECB理事会を控えている。
金融緩和策の解除に向けた文言の変更を検討する見通し。
予想通りならECBは6月から金融緩和政策を変更する可能性がある。

日経平均は終日マイナス圏を推移して小幅安。

ドル金は1265ドル後半を推移して動意薄。
調整安が今後も続きそうだ。

原油は上値が重い。
サウジとロシアのエネルギー相が今後2週間以内に会談をする計画だが反応は鈍い。
サウジ側は今週にでもロシア側と電話会談を行う意向も示していて、減産延長の動きが活発化している。
ただ東京時間のWTI原油は49.2~42.4ドルとレンジは狭い。

※4月の短期型パフォーマンスは8%プラス
※4月のトレンド型パフォーマンスは10%マイナス


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期のパフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
総合4
見たらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

米税制改革案は見通し通りで失望 ドル円急落 ドル金急反発 原油は製品在庫増

未分類
04 /27 2017
≪朝≫

ドルは米税制会改革案に期待する動きや仏大統領選の結果を受け上昇していた。

しかし税制改革案が発表されると流れは一変、ドル売り圧力がかかっている。
改革案は事前の報道内容と変わりがなかった。
また財源の問題や導入時期についての詳細がなかったことも失望となった。

ドルINDEXは98.7から99.3へ上昇、その後は98.9まで下落している。

ドル円は111.8円辺りまで円安が進んだ。
その後は110.8円台へ急落している。
今朝は111.2円前後。

欧州株はまちまち。

ダウは引け際に失速して小幅安。

NY金は続落。
ドルの上昇を受けてドル金は1260ドルまで下落していた。
しかし引け後にドルが急落するとドル金は急反発、一時1270ドルを突破している。
連日の下落でショートカバーが入りやすかった。
今朝は1268ドル台で高値圏を維持している。

NY原油は小幅続伸。
米国時間は軟調な展開が続きWTI原油は49ドルを割り込んでいた。
その後はEIA原油在庫が360万バレル減で予想以上に取り崩しとなったことから急反発。
一時は50.2ドル辺りまで値を切り上げている。
しかしガソリン在庫は340万バレル増と予想に反して大幅な積み増し。
留出油も270万バレル増と予想外に積み増していた。
製油所の稼働率が上がり原油処理量の増加が製品の積み増しとなっている。
WTI原油は49.2ドルまで大幅に値を沈めた。
今朝は49.3ドル台を推移している。


トレード詳細・トレンド・変化・注目点などはメールにて。
翌日トレード詳細・トレンド・変化・注目点などは会員登録が必要です。
管理人はトレーダーであり勧誘目的ではありません。お気軽にどうぞ。
第1四半期のパフォーマンス
当ブログの主な特徴はこちら
会員申し込みはこちら
読んだらポチッ!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ビッグディッパー

現代版先物取引は株式、債権、為替など金融商品の一角として成り立っています。投機資金の流れや、ファンダメンタル、テクニカル、要人発言、人気等の総合判断を必要とし、判断次第では財を築くことも出来ますが、失敗もつきものです。相場歴35年以上の経験を活かし利の追求を心がけています。